Gallery完成車詳細

2017年9月19日

パナソニック XM1


「パナソニックXM1」。パナソニックが積み重ねたスポーツサイクルの歴史と電動アシスト自転車の経験と技術をすべて投入した電動アシストスポーツサイクル、それがXM1。
電動アシストスポーツサイクルはEバイクと呼ばれています。ヨーロッパでは一足先にEバイクが広がりを見せています。日本では2018年がEバイク元年になりそうです。このXM1をはじめ、多くのEバイクはバッテリーをダウンチューブと一体化するようなデザインが特徴です。カーボン製ロードバイクのフレームはボリュームがありそれらを見慣れているからかバッテリーと一体化されたボリュームのあるダウンチューブに視覚的な違和感はありません。マウンテンバイクタイプのXM1ではタイヤも太く全体にバランスがとれたデザインに仕上がっています。走行感、アシストがどのように働くのかなどたいへん興味がありますがこの最初の1台はお客様のご注文分ですので近いうちに店頭試乗車兼、私のEバイク勉強用車を1台用意できればと考えています。まだ生産数は少なく、販売は始まりましたが即納はできない状態でして納期はその都度確認が必要です。
気になる航続距離はメーカーホームページによりますとHIGHモードの42kmからECOモード78kmまでとなっていますが上り坂が多いほどバッテリーの消耗は早まるようなので峠の多い京都北山エリアを走る場合の航続距離はもう少し短くなりそうです。
タイプとしましてはマウンテンバイクですが北山エリアの未舗装路を求めてハイキングの方や山仕事の方が使う山道、けもの道へは行かない方が良さそうです。そのようなルートではしばしば自転車を担ぐことになりますがXM1の重量は21.8kg(カタログ表記)あります。担ぐにはちょっときつい重量です。それでもこの重量は電動アシストユニットとバッテリーの重量がかさむのと、アシストパワーが加わる分強度アップせねばならない箇所もあり現状では軽量化努力をされている結果です。スタートしたばかりのEバイク、今後どのように発展していくのかたいへん興味があります。330,000円(メーカー希望小売価格、税別)
http://cycle.panasonic.jp/special/xm1/#movie

Facebookページ/アルバムにもパナソニック XM1を掲載いたしました。よろしくお願い申し上げます。
https://www.facebook.com/pg/BicyclesTakenaka/photos/?tab=album&album_id=1574948249231195

話題のEバイク、試乗できます!

自転車の選び方へ

パナソニック XM1のお問合せ

必須マークは、必須の項目ですので、必ずご入力ください。

お名前 必須
メールアドレス 必須
お問合せ内容

  • 自転車の選び方へ
  • 自転車ギャラリーへ
ページトップへ